mai&makaro&den&chibiのブログ

飼い主とMダックス・マカロ、元野良猫でんと赤ちゃんのチビのこと等、日常をゆるく綴ります~♥

ヘルニア、排泄と車椅子について


おはようございます(^_^)

仲良し?の二人に癒されてます。


今日は、ヘルニア後の排泄と車椅子についてです!



ヘルニア発症後、下半身を動かすことが出来ず、下半身がどんどん痩せほそってしまいます。背中は当初10㎝切ると言われてましたが、15~20㎝位の縫合のあと。しばらくテニスコートみたいでした(笑)。



ヘルニア後、自分の意思とは関係なくチョロチョロ出ていたチーも、少しずつコントロールがきいてきます。ですが、膀胱に溜まったチーを完全には自分で出しきれません。膀胱炎を防ぐためにも毎日1回以上の圧迫排尿が必要となりました。これも、退院日に指導を受けて飼い主自身でやるんですが最初とても難しくて\(>_<)/コツを掴むまでネット見たり何度も練習して会得しました(笑)。



お次はうんちゃんについて、これは特に放っておいて良いと言われました。と言うのも、新しい便が古い便を押し出す形で勝手に排泄されるからです。しばらくは自然の流れを待っていましたが、今は本人、散歩の時など踏ん張ってうんちゃん出来ます。散歩できないとき等は、こちらの都合で出させちゃうときもありますが…。



そうこしてるうちに、膝立ちして歩けるようになったため、車椅子を購入することに!



レンタルも出来たのですが、シニアになったら必要になるし、また、どのくらい車椅子を必要とするか分からず買うことを決意!


岐阜県にある『はな工房』さんに発注しました。なんと、10箇所もサイズ測るんですね、完全オーダーメイドなので…。63720円。治療費浮いたし、マカロのためと、奮発しました!発注して僅か3日で届きました!丁寧にメールでやり取りしてくださりとても助かりました。



そんなこんなで、発症、リハビリ継続6か月ほどでようやく自力で立って歩けるようになったマカロ。時には諦めかけたこともありましたが、変わらず笑顔で歩こうとするマカロを見て励まされました。


写真で分かるように、手術した箇所がコブになっていて、歩き方も内股歩きで、すっかり元通りというわけにはいきませんが、充分すぎるくらい挽回してくれたマカロ。これはマカロの個性として受け止め、これからも、いえ、これまで以上の愛情を注いでいます(*^_^*)


長々振り返りにお付き合いくださいました皆さまありがとうございましたぁ~(; _ ;)/~~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。